みんなの碁盤の趣旨

みんなで共有できる碁盤で、囲碁ゲームの検討をこころゆくまで楽しもうというのが趣旨です。

碁盤には、自由に石を置いたりはがしたりできます。 できた局面をサーバに登録すると、その局面はみんなで共有されます。 登録された局面に対して、黒勝、白勝、互角の三段階の局面評価を して、その判断を投票することができます。 登録された局面と、その局面に対する評価の票数はだれからも 見ることができます。

しかし、局面の評価においては票数よりも、 暫定評価が重要です。 これは、対象の局面から派生して登録されたすべての局面とその評価から、 先読み(MinMax)の原理で決定される評価です。 詳しくは暫定評価のしくみ をお読みください。 あくまで、登録された局面から決定されるので暫定的であり、 今後の局面登録によって変化します。 暫定評価に疑問を持つ参加者がその局面からの変化手順に対して新しい局面を登録することにより、 検討が進んで行きます。

参加者

囲碁のルールを知っており、良い手の探求に興味を持つ人はすべて歓迎です。 棋力は問いません。 参加登録は必要ありません。 参加者の個人情報を収集することもありません。

マナー

だれでもが石を置ける碁盤ですから、みんなが快適に検討を楽しめるためには、 最低限のマナーは必要でしょう。ふたつだけ挙げます。 これらのマナーが守られる限り、 この碁盤は囲碁の真理を探求する場であると同時に、 あらゆる囲碁愛好者がその棋力に応じて助け合い棋力の向上をはかる場であることができるでしょう。